2010年 05月 16日

原田の森ギャラリー

d0119256_1734974.jpg
不思議なもので、今まで見ていなかった村野建築に最近よく遭遇します。

こんなところに・・・というバッタリ出会った感じです。

建築をはじめて何年もたちますが、この時期にこの出会いをすると

いうことは何か意味があるような気がしています。

この方から、得なければならないことがあるような気がしてなりません。

上記写真は王子公園南にある、原田の森ギャラリーですが、

兵庫県にすんでいながら、こんなところにこんな有名建築があるとは知りませんでした。

安藤氏の兵庫県立美術館ができるまえはここが兵庫県立美術館だったとのことです。

構造としても見たことのない造りでした。

d0119256_17305595.jpg


しかも、ここは、基本設計が村野氏で実施設計は光安義光氏という兵庫県営繕課すなわち公務員の

方がされたとのこと。光安氏は兵庫県庁も設計されているとのことです。

光安氏は建築家とも言われており、大変兵庫県では有名な方のようです。

村野氏から不思議なつながりですが、光安氏のことを知りたくなりました。

とてもリズミカルな照明や階段もユニークです。
d0119256_17323928.jpg
d0119256_17325691.jpg


今までいかれてない方はぜひお近くにお越しの際は行ってみてください。

[PR]

by pinkyarc | 2010-05-16 17:34 | 建築探訪


<< ドライアイをしっていますか?      最近つくづく思うこと >>