建築つづり

pinkyarc.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 15日

小磯良平氏の作品

d0119256_213070.jpg
芸術の秋ということで、先日、美術館めぐりに行ってきました。

神戸の竹中道具記念館

神戸ファッション美術館

神戸ゆかりの美術館

神戸市立小磯記念美術館

と、超濃厚なスケジュール。

この中でも一番のおすすめは小磯記念美術館

小磯良平氏をこの日初めて知りましたが、この方の作品はおそらく見られた方の心に響く作品だと

私的に感じました。

人の本質というか、絵の中の人間を感じました。

肌の色、表情が生き生きしていて・・・いつまでもこの絵をみたいと感じたのも初めてです。

建物探訪には今まで時間を費やしてきましたが、おくればせながら、ようやく

他の芸術にも目を向けれるようになり、もっと早くこのような時間を作るべきだったと反省もしたり・・・

まだ、展示もしているようなので、お近くにお越しの際はぜひ立ち寄ってみてください。

美術館を出た後、きっと満足感をあじわえるはずです。

[PR]

by pinkyarc | 2010-12-15 21:22 | art | Comments(0)


<< REDWING8166からの始まり      夏の風物詩 兵庫県神出の『ほ... >>