建築つづり

pinkyarc.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 26日

橋本病

何事も継続することが目標なので、早速記事を投稿したいとおもいます。
先日の記事になぜ体質改善をしなければならなくなったか根拠を書いていませんでしたのでここで。
みなさん橋本病という病気を聞いたことありますか?よっぽどのことがない限り聞いたことがないかもしれません。

別名、慢性甲状腺炎という名前がついていまして、自己免疫疾患といわれています。

簡単にいうと、自分のリンパ球が自分の甲状腺組織を攻撃する病気です。
普通の血液検査では、わかりませんし、症状もどちらかというとわかりにくいです。

甲状腺の病気でよく聞くのはバセドウ病ですよね?橋本病はその全く逆の症状がでます。

症状としては、甲状腺が少し大きくなり、顔や手足のむくみ、寒がり、、脱力感、倦怠感、体重増加などがあげられています。
最後の体重増加が一番キツイですよね。あんまり食べてないのに、体重が増えるって、
食べ物での楽しみが奪われた気分になりました。
ケーキバイキングなんていきませんし、居酒屋の締めはデザートなんて今までほとんどしたこともない
ぐらい、世間の女の子よりは甘いものを食べないのになぜか体重が増えることは感じていたんです。
でも、これがもともとの体の体質なのだろうと思っていました。

数年前から、甲状腺が大きいと健康診断で言われ続けていたのですが、そのまま放置してました。
しかし、ここ数か月、体が異様にだるく、脱力感に襲われ、休日は何もする元気もなく、
気持ちももやもやして、周りにあたりチラシ自分でも嫌なほどでした。ブログを書くなんて気分にも
まったくならず、睡眠をなるべくとって治そうとしたのですが、寝ても寝てもしんどいのです。

ある日、テレビで甲状腺病気特集がされていて、簡易チェックがあったのですが、それで該当するものが
多く、自分ではバセドウ病ではないかと推測したんです。

しかし、蓋をあければ「橋本病」と病名がつきました。
検査項目は、甲状腺の血液検査と、超音波検査。
結果は、超音波検査での画像をみると甲状腺がザラザラになっていました。
検査数値のTgAbとTPOAbという数値が普通の人より500高かったです。
この結果がいわゆる橋本病だそうです。

気を付けることは、海藻類を食べ過ぎないこと(ヨードのとりすぎがよくないそうです。)

この病気は、特に数値が高いからと言って、他の臓器に悪影響を及ぼすものではないそうなので、
あまり心配はないようですが、もし、甲状腺が少し大きいとどこかで言われて気になっている方がいれば
ほっておかないで、一度検査にいかれたほうがいいと思い、この記事を書いてみました。

今、体質改善のおかげで体も軽くなり、脱力感や倦怠感もなくなり、代謝もあがりました。
原因もわかって気持ちもすっきりしています。

甲状腺のことが気になっていたとき、本やネットでいろいろ調べて為になったことがたくさんありました。
少しでも、この情報が誰かの役にたてばと思います。

ちなみに、私が行った 神戸元町の隈病院は一日で検査結果も出ますし、設備も整っているので、
時間のない方にはおすすめです。





[PR]

by pinkyarc | 2011-09-26 20:44 | | Comments(0)


<< Chausserの靴      体質改善 >>