「ほっ」と。キャンペーン
2012年 06月 14日

圓山記念 日本工藝美術館

d0119256_22231156.jpg
気持ち良くて眠たくなった・・・



これがこの美術館の感想です。

美術館なのに眠たくなるのはいかがなものかと思われるかもしれません。

しかし、本当に眠たくなるんです。気持ちよくて。心地よくて。

もちろん、展示されている内容はすばらしいものばかりです。

未熟な私ですので、展示内容について語ることができないません。

少しでも語ると創設者様に失礼に当たる為、この度は控えさせていただきます。

申し訳ございません。


姫路には、たくさんの建築家の作品があるのはご存じな方も多いと

思いますが、この美術館があることはご存じでしょうか?

インターネットが普及し、観光地の本がたくさん出版されていますが、

その中でもここはあまり多く取り上げられていないようです。

(もちろん、HPはありますが、もっと多くの方に知っていただければと思い

この度、この場を借りて紹介させていただきたいと思います。)

外観や周辺(姫路の幹線道路から少し入った場所)の環境からは考えられないほどの、ゆっくりとした時間がながれます。

ひっそりとした静けさ、風の流れ、お香の香り、水の流れる音、すべてが心地よいです。

この庭で寝転がって何時間でも過ごしたいぐらいです。

d0119256_2250057.jpg



まだ、行かれたことのない方は一度はこちらへ行ってみてください。

不思議と心が癒されますよ。すばらしい空間です。



ちなみにこの建物は私の師匠が若いころに設計した建物です。

しかも、私の今の年齢より若いときに設計したと聞きました。

普通に聞くと焦りますが、空間のおかげで心穏やかに聞くことができました。

こちらの創設者(井尻教授)との出会いも、また、うらやましい限りです。

私も、そのようなすばらしい方と巡り合えるような人間になりたいものです。



[PR]

by pinkyarc | 2012-06-14 22:54 | 建築探訪 | Comments(0)


<< 避けて通れない道      癒し(ヨーデルの森編) >>