2012年 10月 05日

オザンファンのアトリエ

d0119256_028378.jpg

先日ご紹介したモンスーリ公園に隣接している、

ル・コルビュジェ設計のオザンファンのアトリエも見てきました。

建物が主調していなかった為か、地図を見ながら少し迷っていると

おしゃれなオジサマが 「コルビュジェだよね??日本からきたの?」

というようなことを話しかけられたように記憶しています。

フランスでコルビュジェの建物を見に行くと、8割の確率で建物にたどり着くまでに

フランスの方が声をかけてくれます。道を教えてもくれます。

その優しさを感じると同時にフランスの方にとってコルビュジェは

誇りなんだろうなと思ったりしています。

元々コルビュジェの建物が好きで設計の仕事を志した私です。

コルビュジェは大きな建物から小さな建物まで

どのような規模においても美しい設計をするところが好きな理由の一つです。

有名なロンシャンの教会や、サヴォア邸で存在感を表しながらも、

このようなアトリエ規模では、街にひっそり溶け込んだ建築をつくるところもいいですね。

d0119256_0284674.jpg


街路樹がガラスに映っているところも美しかったです。

d0119256_0285410.jpg


横に回ると、階段の曲線をさりげなく取り入れているところも美しかったです。

d0119256_02949.jpg


そして、建物と樹木と人と動物が協調しているこの街がとても美しかったです。

[PR]

by pinkyarc | 2012-10-05 01:03 | フランス


<< 犬島アートプロジェクト 【家プ...      フランスの鴨 >>