2012年 10月 08日

犬島アートプロジェクト 【家プロジェクト】

d0119256_2128485.jpg

朝3時半起きで車を飛ばして犬島へ。日帰りの旅です。

宝殿港から出航。なんとか8時の便に間に合いました。

d0119256_2244866.jpg


開館時間まで余裕があったので、島をぶらぶら。

d0119256_2136142.jpg


さりげなく空き地に設置されているチェアーに遭遇

d0119256_2138950.jpg


1時間半もあれば島を一周できるぐらいです。
島端にキャンプ場や海水浴場もあるのですが、そこまでの道のりも自然に触れ
懐かしさも感じ、空気もきれいで、歩いていて気持ちよかったです。
アートプロジェクトを目当てで来られた方も、いい運動になるので歩かれてみては・・・?




その後、この島の二大アートプロジェクト 

一つ目の「家プロジェクト」を回りました。

d0119256_2142947.jpg

S邸 「蜘蛛の網の庭」
d0119256_2143061.jpg

                                                                                             「休憩所」
d0119256_2143131.jpg

 I邸 「眼のある花畑」
d0119256_21424569.jpg

                                                                      F邸 「山の神と電飾ヒノマルと両翼の鏡の坪庭」

家プロジェクトのコンセプトは「空家になった民家の空間と時間、記憶、生活を包括」

?????正直私には、このコンセプトと作品のつながりがわかりにくかったです。

しかし、このプロジェクトがあることによって、島が活性化され、島の人たちと来客者が

コミュニケーションをとれるという趣旨に関しては賛同できます。


でもでも、やっぱり目が行くのは自然の造形美

d0119256_22141146.jpg


d0119256_22225910.jpg



このプロジェクトをきっかけに犬島の美しさ、力強さに触れることができてよかったと思います。

もう一つのプロジェクト精錬所は色々な感想や思いが交錯している為、もう少し確認作業を行ってから

投稿します。


乗船前に大好きなペプシネックスを飲んでいたおかげで、

d0119256_2314625.png

(青空の下でのコーラは格別です。喧嘩打ってるわけではありません。不意打ちです。)

帰りの二時間半通し運転もなんとか乗り切り無事帰宅・・・


直島、犬島と廻り、残すは豊島。 いつ行くことになるかは未定です。
[PR]

by pinkyarc | 2012-10-08 22:33 | 建築探訪


<< 白と黒のコントラスト      オザンファンのアトリエ >>