建築つづり

pinkyarc.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 18日

パリを歩く

d0119256_23391227.jpg
何度でも訪れたくなる街~パリ


訪れるきっかけ


フランスを初めて訪れたきっかけは、建築家ル=コルビュジェに興味をもったことからなのですが、そう思ったのは学生時代最後

の時でした。ヨーロッパ各国を廻るツアーでの旅で、フランスでの滞在期間はわずか2日間。コルビュジェの設計のラ・ロッシュ

ジャンヌレ邸と観光名所のルーヴル美術館、凱旋門、の三か所とエッフェル塔を遠くから眺めるのみの見学でした。当時建築を

見る眼を持ってもおらず、現在のように仕事としているわけでもなかったのですが、身震いするほど感動したことを今でも鮮明に

覚えています。


どうだった?コルビュジェ?


と聞かれても、明快に答えることができない当時の私でしたが、写真を穴が空くほど見続けていたその実物を間近で観たという、

心理的な満足感が大きかったかもしれません。さすが、巨匠!素晴らしい!こんな感じです。


パリに再訪したいと思わせる謎


しかし、パリの良さはそればかりではありません。何度でも訪れたくなる理由が他にあるのです。それは、街中に溢れている文化

の香りが私をそうさせるのだと思います。それを観たく、触れたく、匂いたくなるのですよね。昨年も短い期間でしたが、行ってきま

した。大変遅くなってしまったものの、今後少しづつパリの香りをブログにアップしていきます。


きょうは少しだけ・・・(香りも伝わるといいのですが・・)


d0119256_23115449.jpg
                                    彫刻(美術館でもないのに、街には多くの彫刻)

d0119256_23124738.jpg
                                      建造物(光がガラスの文字を歩道に投影)
d0119256_23144238.jpg
                                店舗(きれいな陳列の果物の色目)パレットのようです!
d0119256_2316772.jpg
                                         大道芸人(人間銅像)動かない・・・
d0119256_231717.jpg
                                    ストリートミュージシャン(おじさんの音楽隊)陽気!
d0119256_23174227.jpg
                                        動物(パリジャン犬)歩幅も人間並み?

d0119256_232156.jpg
                                       車のおじさま(ポルシェボクスター使い)
                            ※私にウインクをしてくれたオープンカーのジェントルマン、カッコよかった!



その昔から芸術家がパリを目指しました。わかります、その気持ち。設計士の私でも!


パリに行きたい理由は、気分がいいから


たくさんたくさん歩きました。

その時、歩道をすれ違う人の大半が、道を譲ると「Pardon」(すみません)というか、必ずといっていいほど譲ってくれようとします。

どこかの国とは(どこの国とは言いませんが)大違い。マナーがすばらしく良いのです。なので、歩いていると大変気分が良いです。

列車に乗る際も、マナーは完璧です。そして、道行く人々は堂々と背筋を伸ばし意気揚々と大股で歩いてます。 私もマネしてみる

と、あら、不思議。自然と自信がわいてくるような気がします。背筋を伸ばすって大事ですね!これもまた、気持ちが良いです。とど

めをさすのが挨拶です。お店に出入りする時、品物を手に取る時、どんな時でも気持ちのいい挨拶なのです。


歩けば、触れ合えば気持ち良いのがパリなのです!帰国するまでにパリジャンになりきったつもりの私ですが、語りつくせない魅力

を徐々に公開していきます。


何故今更昔の旅行記を?


今、無性にパリに行きたくて、行きたくて、しかたない私なのです。だから、書くことでパリに行った気分になりたいのです!来年は

三度目のパリを必ず目指します。所長、休みくれないかな~??と淡い期待を抱いてます。
[PR]

by pinkyarc | 2012-10-18 23:58 | フランス | Comments(6)
Commented by kkai0318 at 2012-10-19 01:56
良い旅だったんですね。

今行ったら何を感じるんでしょうかね。
楽しみですね。何とか行けるといいですね>所長に美味しいものでも…。

背筋を伸ばして歩く、とても良く分かります。
海外に行くと、マナーの良さにびっくりしますね。
自分もドイツにもう一度行きたいと静かに執念を燃やしています。

同じものを見て、何を感じるか。自分が進歩したのか退化したのか。。
怖いですが、ちょっと知りたいですね。
Commented by pinkyarc at 2012-10-19 20:53
⇒kkai0318さん
こんばんは。返信遅くなりすみません。
一年経ってもブログに綴りたくなるぐらい、今回の旅は自分の中で非常に良い旅だったと改めて思います。

kkai0318さんのドイツ旅行記楽しみにしています!!
私も今度ヨーロッパに行くときは、ドイツに行きます!!
自動車を一日中見て回ることが目的です。考えただけでもワクワクします。
Commented by komiti15 at 2012-10-19 21:32
海外を自由に行き来なんて凄いですね~
国内だけでは「井の中の蛙大海を知らず」なんて言葉をふと思い出しました。
目的と感動の出会い! 確かな目は能力があって始めて分かるってことも知りました。
素晴らしい意欲をお持ちなのですね。その手腕ぶりを見てみたいです。
Commented by pinkyarc at 2012-10-20 14:08
⇒komiti15さん
いつもコメントありがとうございます。返信遅くなり、申し訳ありません。一生懸命働いた自分へのご褒美として、いつも旅に出かけております。私にとって旅が心身共にリセットできる最高の手段なのです♪( ´▽`)
Commented by kirafune at 2012-10-22 06:41
pinkyarcさん

はじめまして!
ヨーロッパの街並み、建築は
やはり、それを目指す人には
素晴らしい教材になりそうですね。
ヨーロッパはイタリアしか行ったことがないのですが、
パリは憧れの地です。
建築を志す人は、若いうちにヨーロッパに
行ったほうがいいですね。
うちの大学生の息子にも勧めてみます。
またお邪魔しますね~。
ぽちっ!
Commented by pinkyarc at 2012-10-22 21:53
⇒ kirafuneさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
息子さんも建築の道に進まれておられるのですね。
是非、ヨーロッパ旅行おすすめください♪
私も学生時代に、安藤忠雄氏のヨーロッパ旅行
の本を読み、若いうちに1度は行くべきだと考え
なけなしのお金をはたいて巡りました。
ヨーロッパを巡ったことで、その後の人生にも
色々な面で変化をもたらしてくれているように思います。

kirafuneさんも息子さんと是非一緒にパリへ♪

また良ければいらしてくださいね。私もお邪魔します!


<< カモと暮らす3      私だけでしょうか? >>