2007年 05月 15日

先になにが・・・? in 京都

この建物ご存知ですか??中はある意味迷路になっています。この先になにが見えるのかわくわくする建物でした。
d0119256_22223986.jpg




d0119256_22263012.jpgこれは建築家安藤忠雄氏の京都にあるTIME’Sという建物内部です。

この前、京都に行き、朝9時からカラスにつつかれそうになりながら高瀬川の橋の上でスケッチをして、商業ビルがOPENしてから、内部を散策。方向感覚には自信があったのですが、少し迷いました。
私が一歳のときにこの建物ができたのか・・・としばしプレートを眺め、階段を上ると行き止まりにあたり、引き返しと不審者のように動きわまっていました。外から見た建物を中に入った時の違いがとても面白かったです。



d0119256_22314278.jpg
先に見える光と影が好奇心を一層引き立てました。この道を曲がると何があるのか、この先にはどんな光景が広がるのかと歩いていく節々に見受けられる建物でした。この構造に使ってるのは太陽セメントのコンクリートブロック=デンクスだそうです。私はまだ、直接手にしたことはなく、ネット上で見ただけですが、かなり高価なものらしいですよ。

でも最近の安藤さんの建物にはもうこのような素材も持ちいられなくなったそうですね。
安藤忠雄さんの建物は結構近くにあるので良く探訪に行っているのですが、この建物は私が今まで行った中ではかなり好きな建物でした。素朴で、かつ、周りの風景(高瀬川と柳の並木)が調和されていて、表参道ヒルズの安藤さんの建物からは想像できないぐらい、ひっそりと、でもなにか主張しているような印象をうけました。


京都に行ったら今度はここのカフェで川を見ながらコーヒーを飲んでみたいです。





d0119256_22514278.jpg


←ここからスケッチして、写真もとりました。
















↓こちらも良かったらクリックお願いします♪
にほんブログ村 住まいブログへ
[PR]

by pinkyarc | 2007-05-15 23:04 | 建築探訪


<< カモと暮らす      照明かえたいな・・・ >>