建築つづり

pinkyarc.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 21日

男まさり

このブログを読んでくださってるみなさま、いつもありがとうございます。

ブログをはじめて約二ヶ月になりました。

はじめは日々感じることを書いていましたが、みなさまのコメントを通じて、また新たな

発見をしております。ありがとうございます。

さて、本題ですが、このブログを書いて、読み返して、自分で改めて認識しました。

男まさりだな~と。男ではないですよ。まさりなだけで。

この建築業界に入って、ますます、そうなりました。今の事務所は違いますが、

前の工務店ではあきらかに、女の仕事、女だから・・・という偏見みたいなのがあったので、

それに負けたくなくて、どんなに年上の人にも立ち向かってました。

サラリーマン向きではなく、大変不器用なんです。

思考回路の本があるのですが、男性は空間把握の力が強く、方向感覚が優れているそうです。

女性は勘がするどく、気が利き、人の話が聞け、方向音痴、と書いてありました。

私は、どちらかというと先の男性型(脳)だと出たんです。70対30で。

参照: 話を聞かない男、地図が読めない女  出版社:主婦の友社


これからも、男まさりな文章、記事になると思いますが、宜しくお願いいたします。



にほんブログ村 住まいブログへ
↑よかったら、応援宜しくお願いします♪クリック
[PR]

by pinkyarc | 2007-05-21 20:20 | 日常 | Comments(4)
Commented by kokoko1965 at 2007-05-22 07:40 x
おはようございます! 「男まさり・・・」ぐらいがいいんじゃないでしょうか。いまだに業界は男性が圧倒的に多いのも事実ですし、10年たってもその構成比はあまり変化しないと思います(現場も業界と捉えれば尚の事)。男とか女とかではなく「建築人」として どう、クライアント又は社会と向き合っていくか?が大事なんだと思います===!自分への戒めも含めて・・・。お互いに頑張っていきましょ!
Commented by えこ at 2007-05-22 11:57 x
男まさり!!いいじゃないですか(笑)。この業界に向いてますよ。私も最初に就職した設計事務所で女の子扱いばかりの待遇で「何か違う!」と感じてました。女だからということでもどかしい事多いですよね。でも、それを言い訳にしては駄目なんですね。pinkyさんのように建築に熱意を持って立ち向かっていれば・・とちょっと後悔。今は建築業界からは離れてますが、資格を持ってるからにはこれからも勉強して、知識を向上させる努力をしなければと思います。おそらく私の有りたかった姿がpinkyさんです・・。これからも応援してます!!
Commented by pinkyarc at 2007-05-23 06:19
kokoko1965さん
女性は少ないですね。学校でも職場でも9対1の状態でした。
早く一人前になって、すこしでも格差のないような仕事をしていきたいと思います。「女だから・・・」といわれないように。
Commented by pinkyarc at 2007-05-23 06:28
えこ さん
私もこの業界意外はたぶんできないとおもいます。OLの自分が全く想像できなくて。一級建築士はなかなかとれない資格ですし、色んな意味で一生懸命なえこさんのような方に早く、この業界に戻っていい建築を作っていただきたいです。お待ちしてますので、戻ってきてくださいね。


<< ポニーと伊丹      美しい曲線 >>