2007年 06月 17日

住吉の長屋と塔の家

この二つの共通点はRCの住宅という点です。

有名な安藤忠雄氏の設計された住吉の長屋 と 東孝光氏の塔の家。

みなさんが住むとしたらどちらに住みたいですか?

私はこの二つの図面を一年前ぐらいにみました。そして、塔の家は改装中でしたが同じく

夜の東京で外から見ました。


この二つはどちらも特徴のある家で、また、注目されてる家です。

安藤氏の住吉の長屋の特徴は一度外にでないと、ダイニングへいけないこと。

そして、雨が降っているとき、傘をささないと二階にあがることができないことが最大の特徴では

ないでしょうか?

一方、東氏の塔の家は各階一部屋、そして階段で連結されています。本当に家族の住み方を

あらわした家ですね。この二つの住宅は昔からよく、比べられているようです。


この前これも事務所で話題になった題名です。どちらもすばらしい建築ですが、

自分が住むならとたずねられると、私はやっぱり住吉の長屋と言ってしまいます。

どちらの家の空間も実際に体感したことはないのですが、図面やパース、写真をみて。

雨にぬれることも、ある意味自然を感じることができるんですよね。

それに、あのスペースでいろんな空間を楽しめるのは、そう簡単なことじゃないと思うのです。

そして、本の中でだけですが、広がりを感じるのは私だけでしょうか??

なにより、住んでいるのが神戸付近のため安藤氏には親しみを勝手に感じているのかもしれません。

でも東氏もたしか大阪出身だったような・・・・

みなさんはどうでしょうか???



にほんブログ村 住まいブログへ
↑よかったら、応援宜しくお願いします♪クリック
[PR]

by pinkyarc | 2007-06-17 21:33 | 建築


<< なぜにこの味、香りに・・・・      みんなの家にも避雷針 >>