2007年 07月 15日

手の大きさと顔の大きさ

時間があるとき(電車の移動中やバイトの休憩中など)よくすることがあります。

それは人の絵をかくことです。

ターゲットは前にいる人、歩いている人、空想さまざまです。

以前、顔と胴体のバランス、足の長さがなかなか旨く書けず何時間も続けて書くよう言われた

時期もありました。去年の今頃でしょうか?それからは書きつづけています。

今も完璧というまでにはいっていませんが、一年前よりま少しマシになった気がしています。

しかし、一つなかなか旨く書けない部分がありまして、それは手の大きさなんです。

手の大きさをどうしても小さく、また腕も短く書いてしまうので、そこだけバランスが旨くいきません。

案外、人の手って大きいんですよね。顔の前に広げておくとだいたい8割隠れるぐらいか、

同じぐらいなんです。

手の大きさと顔の大きさのバランスをうまくとり書ける様になるためスケッチの練習は

まだまだ続きそうです。

建物の中には多くの人がいます。寝転んでる人、立っている人、座っている人、etc・・・

どんな体制のひとも素早く書き、建物、空間を人に伝えれる手段として自分の手に覚えこませなければ


にほんブログ村 住まいブログへ
↑よかったら、応援宜しくお願いします♪クリック
[PR]

by pinkyarc | 2007-07-15 22:49 | 建築


<< コンセント設置      パンテオン >>