建築つづり

pinkyarc.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 27日

地震のときもって逃げるもの

テレビで地震について詳しく報道しています。

新潟の地震は数年まえに一度あり、誰もがもう一度来るとは

思っていなかったと・・・・普通そう思いますよね。当分大丈夫だろう

とどこかで安心感をもってしまいます。

私もそう思っていました。でも、その報道を聞くたび、阪神淡路大震災を

思い出し、またきたらどうしようかと少し恐怖を感じます。

今も避難所生活でたいへんな方がたくさんおられますが、避難するとき

自分は何を持って逃げようとも考えます。

必要と思われるものを準備して、毎晩枕元において寝ようかとも思います。

(出し入れが大変なので実際にはしていませんが)

以前の経験を踏まえるとまず、財布、印鑑、食料、水、ラジオ、懐中電灯でしょうか?

以前はなかった携帯電話は絶対必要ですね。あれは、液晶の照明が

電気がわりにもなり大変便利だと言ってました。

携帯の必需品、充電器も忘れずに。あとはタオル、マスクなどあれば

なにかと便利ですね。(ほこり、菌、感染症をふせぐのに)

言うだけでなく、実際に一式はやめにそろえておこうと思います。

いつきてもいいように。準備だけでも

みなさんはもし自分の住んでいるところに地震がきたら何をもって逃げますか??



にほんブログ村 住まいブログへ
↑よかったら、応援宜しくお願いします♪クリック
[PR]

by pinkyarc | 2007-07-27 13:19 | 日常 | Comments(3)
Commented by カフェ大好き at 2007-07-28 23:56 x
あれは忘れもしません。私が朝4時30分頃仕事を終え、タクシーで自宅に着いたのが5時30分頃。

それから10分ちょっと後、大きなめまいを感じました。一ヶ月くらい仕事が忙しく毎日午前さん。
毎日、タクシーでの帰宅。

働きすぎで、頭の血管が切れたかと思うくらい強い揺れ。地震と気づいたのは食器の割れる音ででした。
ただただ、床に這いつくばるのみ。立つことも声を出すこともできませんでした。
私が経験した、阪神淡路大震災です。

私は神戸近くに住んでいたのですが、被害は甚大。
自然の前での、人間の無力さを感じました。

もちろん運命に身を任せるしかないのですが・・・。しかし、万が一に備えることは、どんな場面でも必要なことですね。

しかし、予測のできないことが起こったとき、どんな風に考えて、どのように行動していくかを、pinkyarcさんの「何を用意しますか?」という問いかけで、ふと思いました。(地震ではなく、人生において)







Commented by pinkyarc at 2007-07-30 15:56
カフェ大好きさんへ
こんにちわ。私と同じ被災者の方だったのですね。備えあれば・・・ということわざもありますし、以前のことを教訓に準備しておきましょう。
それにしても大変なお仕事をされているようで。くれぐれもお体だけはお気をつけください。
Commented by 210dk at 2007-08-03 14:24
こんにちわ♪
私は3月に震度6強を体験しました。(能登半島沖地震です)
わずか、4ヶ月前なのですが・・・
新潟の地震ですっかり忘れ去られています。。。
でも、私は忘れられません、
地響きからはじまり下から突き上げられ
いつまでも止まらない長く強い揺れ・・・家の下敷きになると思いました。
外へ逃げ出す事もできず・・・ほんとに恐い思いをしました。。
あの時何を持ち出したか??
携帯といつも持ち歩いているバックのみ持って・・・
家族の安否確認をしようと電話しましたがつながらず
結局実家などへは車でぶっ飛ばして行きましたよ。。。
ちなみに、義弟は神戸で震災にあい、たまたま地震があった日実家へ
来ていてまた地震に・・・でも皆無事でよかったのですが・・・
しかし私の実家は全壊判定がでて、
ただ今大規模に修復している所です(>_<)


<< 何?これっ!!      木造とRC造 >>