2007年 08月 09日

安藤忠雄建築研究室を見に行って2

大変、時間がたってしまいましたが、この前の続きを書きたいと思います。
d0119256_22204536.jpg

次に上を見てみると上に屋上らしきものが。そこには、わずかながら見えたのですが、

二脚の椅子がおいてありました。

そこに座って、安藤氏は空をみあげながら色んな架空の設計案を

考えているのかな~と思いながら下から見上げていました。

二脚ならべる椅子はよく、安藤氏の設計ででてきています。六甲の教会にも後ろのほうに

並べてありましたし、

d0119256_22284173.jpg


今研究中の光の教会の日曜学校にもありました。雑誌などでは空間にポツリと一つ

椅子がある写真がよくみられますが、なぜ安藤氏は椅子を二脚にしているのでしょう?

なにかのメッセージ、それとも、好み、それとも安藤氏の一つの象徴なのでしょうか?

たまたま私がみた建物に二脚あっただけなのか・・・・未だにわかりませんが・・・・・


その日は暑さも厳しく、汗だくになりながら上や下や見回しているとふらふらしてきたので

そろそろ帰ろうかとしていた時のことです。

!!!!!!!!

もちろん中から安藤氏がでてきたわけではありませんよ。

自分の後ろにもう一つのRC造のたてものがあったのです。

始めはどこかの住宅かと思いましたが、竪樋が安藤氏の設計でみるものだったのです。

これは安藤氏が設計した建物なんだと確信し、入り口を探しまわりました。

一度後ろまで回ったのですが、なく、もう一度前へ。すると小さな入り口発見

d0119256_22243040.jpg


表札を確認。そこには安藤忠雄建築研究室とかいてありました。

今まで安藤忠雄建築研究室を一度みてみたいと思い、どのような建物か本やネットで

探していた時に見たのは前回載せた画像のものばかりでした。

まさか別棟があるなんて。

d0119256_22241717.jpg


そこは正面からは閉鎖的でしたが、はじめに見たほうの事務所と相対して、側面はガラス張りで

(植樹がある側)中も若干ですが見えました。

もっとじっくり見たかったのですが、今回はここで断念。もう一度行ってじっくりみてみたいと

思います。

みなさんももし、行かれるなら、ぜひ別棟のほうも見てみてくださいね。

安藤氏が事務所の拠点をあの場所におく理由。まわりは静かで、昔の住宅街

10分あるけば大阪を感じられる場所。東京にはない、大阪の独特の雰囲気が

安藤氏にとってやっぱり落ち着ける場所なのでしょうか。


にほんブログ村 住まいブログへ

↑よかったら、応援宜しくお願いします♪クリック
[PR]

by pinkyarc | 2007-08-09 22:59 | 建築探訪


<< 蚊取り線香      安藤忠雄建築研究室を見に行って >>