建築つづり

pinkyarc.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 14日

Japanese Cafe 翠

d0119256_20463554.jpg
d0119256_20464931.jpg
大阪第二弾になりますが、初めて行きました、兄の勤めているカフェを

載せてみようと思います。

大阪駅から徒歩15分ぐらい南にいくとうつぼ公園というところがあるのですが、

その脇でお店をしています。

Japaneseの象徴でもある京都を思わせるような、長屋形式になっていて、裏と表どちら

も通りに面しています。(片方は公園のわき道でそこからも時々お客様が入ってこられる

そうです。)もちろん室内は長方形。

入り口を入ると客席まで続く通路で石畳がひいてあり、そこにはイサムノグチの照明が二つ

置いてありました。

その通路を進むとさまざまな椅子が置かれたカフェ空間になっていました。

その中にも一つイサムノグチの照明が飾っており、その席をすぐさまキープ

この照明のとなりにいるだけで落ち着いた気持ちになれるのは不思議です。

d0119256_20395812.jpg


この付近に行かれた方は、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

ほうじ茶シュークリームがおいしかったです。

他にもミックスジュースが人気の商品らしいですが、貧乏な私にはとてもじゃない

けど手のだせない金額だったので気になる方はこちらをどうぞ!!

JapaneseCafe 翠
↓こっちは兄が必死で更新してるCafeの新情報ブログです。
JapaneseCafe 翠ブログ 



Cafeをまわるたびにおもうのですが、一つ一つの個性があり楽しいですね。



ただあいまいなコンセプトだとなぜかぼやけてしまう。

お客様にどのようなことを感じていただきたいか、お客様にどのようなサービスをお店

としてしたいか、をしっかりもっていないお店でなければいけません。

そしてなにより、そのことをスタッフ全員が認識して動くことができなければ

いいCafeとはいえませんよね。

いつかCafeの設計をしたいと考えている私は、色んなお店を回るたびに

考えることがいっぱいです。

住宅でもそうですが、ただ建築をつくるだけが設計士の仕事ではありません。

建築をつくるために、どのような人がそこで働き、どのようなお客様に来ていただきたいか、

どのようなメニューをのせたいか、どのような空間にしたいか、

どのようなお店の人たちの動きがあるのかまでしっかり把握できていないといけないと思います。

以前の話になりますが、ある携わった物件がありました。

お金もかかっていますし、建物も大変気に入っていただけたのですが、

何ヶ月かして伺った時に、予想外な家具が一つ入っていたのです。

そのときは、家具の指定まで細かくすることができなかったため、カタログ、店舗

などみていただきこのような家具がマッチすることだけお伝えしていたのですが、

その一つのある家具がお家のイメージを一転させていたんです。

建物をつくるということは、最後まで責任を持ち、お客様に理解していただけるまで

建物意外のものもしっかりコーディネートしてこそだとその時身を持って知りました。


もしCafeを設計できるようにまで成長できたら、メニュー表、飾るインテリア

何から何まで口出しできるようしたいです。そのためにも沢山の知識を

いまの間に詰め込んで、たくさんのCafeをまわって体験しなければと

イサムノグチのAKARIの横で考えていたのでした。


応援クリック宜しくお願い致しますm(..)m→→にほんブログ村 住まいブログへ
[PR]

by pinkyarc | 2007-12-14 20:54 | カフェ・お食事処 | Comments(5)
Commented by kiyomi at 2007-12-15 01:01 x
初めまして。とても共感するお話でしたので、コメントさせていただきました。実は、私も二級建築士。とったのは14年も前になります。
でも、長年建築士としてではなく、経理関係の仕事を主としてきたため
ほぼペーパードライバー状態だったのですが、ここ2年くらい前から
建築士らしい仕事ができるようになり、今ようやく自分の方向性が見えてきたように思えています。そんな私は18歳の娘をもつ44歳!
あなたは若い!!できます!!できます!!
お互いに頑張りましょう!!よかったら、
私のBLOGにも遊びにきて下さいね♪
よろしくお願いしまーす^^。
Commented by えこ at 2007-12-15 18:14 x
とっても、素敵なカフェですね(*^^*)。無駄を省いたシンプルさが外の風景と溶け込んでて・・イサムノグチの証明がまた癒し空間を演出してますね♪カフェは私も大好きです。お金があれば(笑)カフェ巡りしたいです・・。
何事にも創造するにはコンセプトは重要ですね。私もものづくりをする前は必ず、自分なりのコンセプトを考えます。自分の知ってる限りの知識を搾り出して。
私はもともと、インテリアやデザインの道に興味あったのですが、建築士をまず目指したのは、まずはハード面である基礎を知らないと選択範囲が狭まるのでは?と思ったからですよ。すごく遠回りだけど。ピラミッドにたとえると、結果は「頂上」。その地盤固めが大事ですよね。私もpinkyさんの考え、とっても共感できます!専門分野だけでなく、関わってくる全てにおいて意見や提案が出来るような設計士になりたかったんですよね。知識詰め込めるだけ詰め込んでソンは無いですね!
全て自分プロデュースのカフェの設計って楽しいだろうな~。
Commented by pinkyarc at 2007-12-16 20:39
kiyomi さんへ
はじめまして。コメントいただきありがとうございます。
44歳だとウチの事務所の所長と同じ歳です。(偶然)
若いといっても、まわりの人に比べたら何もできません。
でも頑張ります。BLOGにお邪魔しようとおもったのですが、
入り口がみつからなかったのでよかったら教えてください。
(ブログ名を教えていただけないでしょうか?)
よろしくお願い致します。
Commented by pinkyarc at 2007-12-16 20:45
えこさんへ
こんばんわ。いつもコメントありがとうございます。
Cafeめぐりしたいですね~私も最近はあまり行けていません。

インテリアやデザインより建築士ははるかにハードルが高い事は仕事を
しだしてからわかりました。学校にいってるときはただ漠然とその名称と
してしか捕らえていなかったので、その場にきて今自分が進んだ道がどれほど険しいか分かりました。
これからこの業界に入る人たちには、そのデザイン、インテリア、建築の
分野がどのように違い、どれだけソフトかハードかを学校で勉強してもらいたいですね。私は、学校にかよってる時にそのような説明をしてくれる先生に出会えなかったので。
しかし、ここまできて後戻りはできませんので頑張ります。

いつかえこさんとどこかのカフェでお茶を飲める日がくると良いな~と
コメントを読みながら思ってしました。

Commented by kiyomi at 2007-12-17 00:21 x
pinkyさん、こんばんわ。URL・・・忘れていましたね!

この夏、私もリフォームですが、カフェの工事をさせていただきました。
予算の上限と、仕上がりのイメージはお聞きしましたが、「細かいことはお任せします。」ということで、メニューまではタッチしませんでしたが、
看板やオープンの案内状まで私のデザインを使っていただくことができました。そのお店が繁盛しているようで、とても嬉しいです。
でも、知識の足りなさも感じました。もっともっと良いものを沢山見て
良い提案が沢山できるようになりたい!!歳は忘れます・・・。
これからも、よろしくお願いします。


<< ありがとうございます。      大阪探索 >>