カテゴリ:art( 2 )


2012年 10月 10日

白と黒のコントラスト

d0119256_0312893.jpg
白と黒のコントラストというキーワードに触発されて( kkai0318さんのコメント文中の言葉)

スケッチをしてみました。

どんな物でも、どんな事でも設計士たるもの、描けるにこしたことないとスケッチの練習

を筋トレのごとく欠かさないようにしているのですが、何年やっても難しいものだと思って

しまいます。

うまく言えないのですが、スケッチで時空間の空気感を表現できればといつも心がけています。


頭で考えた過去と未来の映像をその瞬間の一枚の絵で感じてもらえればという想いで、お客様には

手書きパースを必ず用意しています。

(過去、私が今の所長に出会い所長の描いたパースをみて弟子入りを懇願した経緯もある為

私にとっても手書きパースは特別なものなのです。)

建築パースには無個性な人物を点景として描くのが常套手段ではあるのですが、空間を表現する際

過去と未来の空間を連想させる主役としての存在は人間だと思っています。

映画や小説のワンシーンのような人間の喜怒哀楽が建築にどう作用するかがいつもパースの主眼になります。

描いたパースが絵物語のように人に多くのことを語りかけてくれることを信じて・・・

そのようなパースを上達させるためには、色々な人に興味を持ち、人の良いところを

いっぱい見つけていかないといけないなぁと思っている次第です。

スケッチに話を戻して、写真はテーマの白と黒のコントラストでの10分スケッチです。

コピー用紙と鉛筆2本で作成。ネット上での写真でスケッチしてみました。

スケッチは一生練習が必要のようです。まだまだ下手くそですが・・・日々精進の気持ちをこめて

みなさんにいただいたコメントがとても励みになっています。

そして、ちょっと真面目な記事になりました。


[PR]

by pinkyarc | 2012-10-10 00:32 | art
2010年 12月 15日

小磯良平氏の作品

d0119256_213070.jpg
芸術の秋ということで、先日、美術館めぐりに行ってきました。

神戸の竹中道具記念館

神戸ファッション美術館

神戸ゆかりの美術館

神戸市立小磯記念美術館

と、超濃厚なスケジュール。

この中でも一番のおすすめは小磯記念美術館

小磯良平氏をこの日初めて知りましたが、この方の作品はおそらく見られた方の心に響く作品だと

私的に感じました。

人の本質というか、絵の中の人間を感じました。

肌の色、表情が生き生きしていて・・・いつまでもこの絵をみたいと感じたのも初めてです。

建物探訪には今まで時間を費やしてきましたが、おくればせながら、ようやく

他の芸術にも目を向けれるようになり、もっと早くこのような時間を作るべきだったと反省もしたり・・・

まだ、展示もしているようなので、お近くにお越しの際はぜひ立ち寄ってみてください。

美術館を出た後、きっと満足感をあじわえるはずです。

[PR]

by pinkyarc | 2010-12-15 21:22 | art