建築つづり

pinkyarc.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:イサムノグチ( 4 )


2007年 05月 17日

庭園美術館

d0119256_15275583.jpg


将来の夢の続きですが、老後はこんな家に暮らしたいです。

これはイサム・ノグチ庭園美術館のイサム家の内観です。ここに2年か前に行ったのですが、

中はすべて撮影禁止だったので、本家から画像をお借りしてきました。

唯一とれた写真は駐車上の公園の遊具だけです。↓

d0119256_15555025.jpg


この公園もよくみると石の配置がユニークでした。

ここは香川県の牟礼町にあるのですが、イサムノグチがアトリエと住居を構え、20年余りの間

この場所で製作活動をおこなったそうです。有名な遊具の模型なども展示されてました。



これは、そこでいただいたパンフレットですが、ここの右下載ってるエナジーボイドという彫刻

も実物が展示されていました。
d0119256_1556233.jpg


海がちかくて五剣山と屋島の山にかこまれて静かなところなんですが、アメリカと日本の

間を行き来し、いろんなしがらみにもまれていたイサムノグチが最後になぜここを

選んだのか・・・・??ご本人にお聞きしなければわかりませんが、何か感性に響いたものが

あったのでかも。それとも心癒され、新しいアイデアが生まれる場所だったのかも。・・・と

いろいろ考える場所でもありました。


ビルや騒音のないこんな場所で、設計活動をしたらまた新しいアイデアがうまれそうな

気がします。



よろしければクリックお願いいたします↓↓
にほんブログ村 住まいブログへ
[PR]

by pinkyarc | 2007-05-17 16:10 | イサムノグチ | Comments(7)
2007年 04月 30日

こんなところにイサムノグチが・・・

この建物ご存知でしょうか?
d0119256_1773227.jpg
d0119256_1774522.jpg


上が東京の隅田川の横にあるアサヒスーパードライホール(フィリップ・スタルク作)

とその左横の建物アサヒビールタワーです。今回はアサヒビールタワーにご注目ください。

下は香川県庁舎(丹下健三氏作)です。


実はこの二つの建物の中には先日からお話している、イサムノグチの彫刻が一体づつ

保存展示されています。

写真掲示は控えておきますが、ぜひ一度足を運んで見に行ってみてください。

意外性にビックリします。こんなところに!!!!!!!!って。

下の写真は香川県庁舎の中の彫刻の下にあった、プレートです。↓↓

d0119256_17243925.jpg

[PR]

by pinkyarc | 2007-04-30 17:25 | イサムノグチ | Comments(0)
2007年 04月 27日

イサムノグチ 2

今日は彼の生い立ちについて書いてみたいと思います。

イサムノグチについてですが、彼は日本人のお父さんと、アメリカ人のお母さんとの

子供としてアメリカで生まれたそうです。

しかし、お父さんはイサムノグチが生まれる前に日本に帰って、別の人と結婚して

しまったそうです。イサムのお父さんとお母さんは結婚はしていなかったのですね。

イサムノグチは複雑な家庭環境と、二つの国の間での問題にもまれならが、

芸術の道を進んだそうです。(戦争、国籍、奴隷 etc・・)


しかし、彼はそれだからこそ、すばらしい作品を世に生み出せたのでしょうね?

そして、才能に恵まれ、すばらしい人とのつながりを自然に流れのままにもって

いたそうです。詳しくは次回・・・


仕事をするにあたって人ととのつながりほど、大切なものはないと思います。

そして、そのつながりによって人生を左右されるということは私自信も身をもって知りました。


特集はまだまだ続けますので宜しくお願いします。次はたくさん写真もアップしたいと思います。
[PR]

by pinkyarc | 2007-04-27 00:09 | イサムノグチ | Comments(1)
2007年 04月 24日

イサムノグチ

イサムノグチをご存知ですか??

これから、時間を見つけてイサムノグチについて少しづつ紹介していきたいと思っています。

今日はさわりだけですが、イサムノグチは彫刻家かつ下の写真のモエレ沼

公園のランドスケープを設計した方です。照明の設計もしており、アカリシリーズは

昔から建築家に愛用されています。

私は去年、北海道のモエレ沼公園に行ってきました。圧巻です。すばらしいです。

d0119256_16291249.jpg




このイサムノグチはたくさんの障害のなかですばらしい芸術を進められてきた方です。

そして、たくさんのすばらしい芸術家とのつながりもあったそうです。

いちファンとしてこれから特集していきたいと思います。

なぜ急にイサムノグチを特集しようと考えたかというと、下の折りたたみ自転車から

モエレ沼公園を思い出し、少しでも多くの人に知っていただければと思ったからです。

モエレ沼公園の中は思っている以上に広いので自転車で回るんですよ。

北海道に行かれた方でも、まだいかれた方は少ないのではないでしょうか??

かなりの穴場です。

[PR]

by pinkyarc | 2007-04-24 16:34 | イサムノグチ | Comments(5)