「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:カモ( 5 )


2012年 10月 20日

カモと暮らす3



d0119256_674677.jpg

昨日10月19日は愛犬ならぬ愛鴨(合鴨)ルックの命日。

追悼の意をこめて、ルックの思い出話等しながら偲んでいました。

夜中からクローゼットをゴゾゴソ・・・・

写真がまだ奥にしまっていた気がしたので、いてもたっても

いられず、記憶をたどってさがしていると、数枚出てきました。

懐かしい・・・


d0119256_684431.jpg


くちばしですぐに何かくわえて離さなかったり

小さいながらも全速力で加古川の土手を走ったり

かなりやんちゃな可愛いやつでした。


d0119256_68938.jpg


水鳥なのに水があまり好きではなく、すぐにタライ

から飛び出て、人の手をくちばしでパクッと挟み、

落ちないように水かきのある足でタライの縁に必死

でしがみついていました。水で濡れた上、毛の生え

代わりの時期で少し貧弱に見えます。 そして次に

出てきた写真

?????

なんだこれ??

    ・

    ・

    ・


d0119256_610735.jpg

(15年前の写真)

おい、おい、

私大丈夫か?という写真がでてきました。

文字書きいっぱい

なんだ?なんだ?

カモ科って・・・・

ルックではなく、何故るっくと書いたのか?

犬用の家って()書きを何故つ付け加えたのか?

ルックと家をなぜ色ペンで囲ってしまったのか?

それに汚い字・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何を血迷ったのか、さっぱりわかりません。

ちょっと!なにやってんのよ!ってルックから怒られそうです。

(雌だったので女言葉にしてみました。)

一緒にネガも出てきたので、近いうちにカメラ屋さんに持って

行きROMに焼いてもらおうと思います。ルックごめんなさい。

普通の写真を大切に保存しますね。
[PR]

by pinkyarc | 2012-10-20 23:17 | カモ | Comments(6)
2012年 10月 03日

フランスの鴨

鴨を飼ってみようと思われている方結構多いようですね。

検索キーワードによると上位にあることが多いので久しぶりに鴨ブログを投稿してみようと思います。

こちら、フランスの鴨です。

d0119256_23334771.jpg


フランスでコルビュジェの建物をみるツアーを計画し、スイス館・ブラジル館を訪れた時のものです。

パリ(14区)国際大学都市の近くにモンスーリ公園という場所があります。

広々とした、優雅な公園でした。普通に鳥たちが人間と並んで歩いています。

ちょっと日本の鴨より色が少し薄いようです。顔付も若干ですが違うような気がします。

食べてるものが違うんでしょうか?

d0119256_23341121.jpg


でも、世界共通で親鴨は子鴨の面倒をしっかりみていました。

やっぱり鴨といえばこの絵図が一番ですね。

d0119256_23294793.jpg


鴨の記事を書いたり、鴨の話をした日の夜の夢には、昔飼っていた合鴨のルックが

なんらかの形で登場してきます。

もう、いなくなって8年経ちますがなかなか忘れられないものですね。


そうそう、こんな鳥もいました。鴨ではないですが、近寄ってきたので記念に。

すっごい変な鳴き声をあびせながらついてきました。いまだに鳥の種類はわかりません。

d0119256_23253126.jpg


昔の私のような内股姿です。

[PR]

by pinkyarc | 2012-10-03 23:35 | カモ | Comments(2)
2008年 06月 18日

癒し系集団

d0119256_18431857.jpg
d0119256_18434633.jpg


に近くの川で遭遇しました。

ずっと立ってるのがお母さんカモ 八匹は全て子供のカモです。

最近よく、川をならんで泳いでいたので、今日は泳いでませんが、写真とってみました。

人間の世界では、子供の虐待などするお母さんも最近ニュースにでていますが、

その人よりずっと立派です。小さい身体ですが、八匹を毎日守っています。

もうすぐ飛んでいっちゃうかもしれないので、記念にここに載せたいと思います。

[PR]

by pinkyarc | 2008-06-18 18:50 | カモ | Comments(0)
2007年 05月 18日

カモと暮らす2

d0119256_2154232.jpg



カモシリーズ第二段を投稿したいと思います。

カモの値段・・・・ペットショップで四月ごろ売り出され1200円

名前・・・・ルック(なぜルックにしたか忘れました。)

好物・・・タニシとレタスと焼いた魚

日課・・・土に穴をほって座る。時には卵を産む。(ムセイ卵)
     水浴び、散歩(首輪無しで後ろからついてきます。)

習性・・・自分の家を覚えることができる。(飛んで帰り門扉の前で待ってました。)
     好物を見せると笑うような声を出し、寄ってくる
     高いところにあがるのは得意。降りるのはヘタクソ。

飼い方・・・住宅地の場合は池の代わりにタライ、小屋は犬小屋

7年生きました。でもこの環境で飼う事がよくなかったのかもしれません。

ウチの家の周りは犬走りでコンクリートで固められ一部土はありましたが、夏は相当暑かった

と思います。犬、猫、イタチが多いところなので一日中放し飼いできるところでもなく、

もし、放し飼いできるところだったら、この子ももっと長生きできたのではないかと思います。

住宅というのは、人間の将来の生活、リズム、ライフスタイルを知ることも重要ですが、

ペット(一緒に住む生き物)を飼うか、飼わないか、もし飼うならどのような種類で、

どのような特性があるのかも十分に考えて作るべきだと思いました。

だから、必ず、お客様には一緒に暮らすすべての人、動物について聞いていくことも

忘れてはならないと私は考えます。

d0119256_216986.jpg






↓こちらも良かったらクリックお願いします♪
にほんブログ村 住まいブログへ
[PR]

by pinkyarc | 2007-05-18 21:15 | カモ | Comments(5)
2007年 05月 16日

カモと暮らす

d0119256_2120844.jpg


将来の夢です。

最近、田舎の土地を安くでかって、家を建てて、老後を楽しむ方が増えてきているようですね。

田舎暮らしはお店や駅が遠いというデメリットもありますが、趣味を楽しんだり、

車も少なく排気ガスも吸わなくて済むし、森林浴ができ体や心をリフレッシュできたりと、

たくさんのメリットもあります。

私もいつか田舎でカモを飼って暮らしたいです。

なんじゃ?そりゃ?とこの記事を読まれた方は思われたかもしれませんが、

実は私、4年前まで、家で合鴨を飼ってたんです。

このころはデジカメをまだ持ってなかったので、データがありません。なので、使い捨てカメラで

撮った写真をデジカメで写してアップしてみます。↓

d0119256_2119224.jpg



合鴨についてご存知ない方も多いと思いますので、建築には関係ないですが、カモ特集を

これから何回かしたいと思います。

田舎で大きな土地に小さな家を建て、囲炉裏の上にイサム・ノグチの照明をつけて、

外には大きな池を作り、レタス畑(カモの大好物)をつくり栽培して、のんびり暮らすのが、

私の将来の夢です。


↓こちらも良かったらクリックお願いします♪
にほんブログ村 住まいブログへ
[PR]

by pinkyarc | 2007-05-16 21:20 | カモ | Comments(3)