建築つづり

pinkyarc.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2007年 12月 20日

自分の選んだ道

自分の選んだ道は本当にただしかったのか?自分は本当にこの道を

選んでいい人間だったのか?この職業にむいているのか?いないのか?

そんなことを思ったことはありませんか?

私は事務所で怒られるたびにそんなことを思ってしまいます。

後ろを振り向かずに、前だけを見ろと言われますが、そうしなければならない

ことはわかっていても、やっぱり人間でるから落ち込みます。


特に最近は、なにかを言い訳にして気持ちが逃げているように感じています。


自分の選んだ道は想像以上にとてつもないものでした。

学生時代におきらくにやっていた罰です。

前の会社にいてもできなかったから、今の道を選んだのです。人に決められた道でもなく、

自分が決めた道なので責任をもたなければなりません。

こんなに険しい道を選ばない方法だってありましたが、あえて選んだのは

私自身で。間取りをパパっと書く人達をみて、考えずに作っているプランを見て、

こんな風になりたくないと思ったから今の道を選びました。

考えずプランをするだけの設計士になら、前の会社にいてもできたはず。

そうなりたくないから、今の事務所に行くことを決めました。大きなターニングポイント

だったと思います。

これから先、沢山の峠をこえなくてはいけません。

この仕事は知識ももちろん大切ですが、メンタル面がかなり比重を占めているように

思います。やりとげるという気持ちがあればできるし、逃げていたら何十年たっても

おそらく何もできないでしょう。

立ち止まらずに進まなくてはいけないことをこのブログを書くことによって

自分自身に言い聞かせてみました。

諸事情で自分で道を決められない人も世の中にはたくさんいるはずです。

その人たちに比べたら、私はかなりの幸せ者でしょう。

しっかりしなければ・・・・・・・・・


[PR]

by pinkyarc | 2007-12-20 00:26 | 建築 | Comments(6)
2007年 12月 18日

堂島のロールケーキ

d0119256_22423328.jpg
d0119256_22424947.jpg



皆さん、堂島のロールケーキってご存知ですか?

大阪第三弾【最終】はこの話題でいきたいと思います。

今、テレビで言われているのは堂島ロールという名称でとりあげられています。

もちろん、私と母もその堂島ロールを捜し求めていったのですが、

堂島にはロールケーキが二種類あったんです。

一つは堂島ホテルのロールケーキ、そしてもう一つは近くのお店でうられる、

堂島ロールという名前のロールケーキ

この二つは目と鼻の先の距離で売られています。

噂によれば中身の味はほぼ一緒だそうです。値段は堂島ロールの後者のほうが少し

お安いそうです。

作成者が昔共同でつくったらしく、その後、その内の一人が別の店舗でされ、それが今の堂島

ロールになったそうです。

しかし、一つちがうのはロールケーキに焼印が押されているか押されていないかの見た目の

ちがいです。結局、私達は本家といわれている堂島ホテルのロールケーキを買うことにしました。(焼印あり)

堂島ホテルで「堂島ロールをください」というと、

「ウチには堂島ロールはありませんが、ロールケーキならあります。」と言われました。

もし、お近くに行かれて堂島ホテルでロールケーキを買われる方がおられたら、

注文の際にはご注意ください。

ちなみに焼印のない、堂島ロールの名称で売られているお店はなぜか長蛇の列で

外まで並んでました。ホテルは普通にみなさん注文し買ってましたが。

これは大変不思議な現象で、味が同じだというのは今の時点では噂に過ぎないので

二つ購入し、食べ比べ、一度実証してみる価値はあるかもしれないです。

堂島ホテルのロールケーキは、生地もしっとりしていて、中の生クリームも

甘すぎず、おいしかったです。

ぜひ、大阪にお越しの際はお試しください。

[PR]

by pinkyarc | 2007-12-18 22:47 | カフェ・お食事処 | Comments(0)
2007年 12月 16日

ありがとうございます。

なんとなくこのブログにつながって訪れてくださってるみなさま

この建築つづりの記事も前回でやっと100記事目になりました。101記事

目は初心に戻り、皆様にご挨拶をさせていただきます。


あきらかに初めの方と月に比べると記事数は減ってしまいましたが、

なんとかここまで続けることができております。これも見てくださる皆様、

またコメントを残してくださるみなさまのおかげです。ありがとうございます。

検索したワードでなんでこれにつながるんだよ。違う違う、調べたいことが

ここに書かれてないじゃないとお怒りの方も居られると思いますが、

すこしでも共感していただける方、また、ちょっとは役にたったと思ってくださる方

がおられると思いながら、これからも続けていきたいと思いますので

よろしくお願い致します。

pinkyarc

[PR]

by pinkyarc | 2007-12-16 20:57 | 建築 | Comments(0)
2007年 12月 14日

Japanese Cafe 翠

d0119256_20463554.jpg
d0119256_20464931.jpg
大阪第二弾になりますが、初めて行きました、兄の勤めているカフェを

載せてみようと思います。

大阪駅から徒歩15分ぐらい南にいくとうつぼ公園というところがあるのですが、

その脇でお店をしています。

Japaneseの象徴でもある京都を思わせるような、長屋形式になっていて、裏と表どちら

も通りに面しています。(片方は公園のわき道でそこからも時々お客様が入ってこられる

そうです。)もちろん室内は長方形。

入り口を入ると客席まで続く通路で石畳がひいてあり、そこにはイサムノグチの照明が二つ

置いてありました。

その通路を進むとさまざまな椅子が置かれたカフェ空間になっていました。

その中にも一つイサムノグチの照明が飾っており、その席をすぐさまキープ

この照明のとなりにいるだけで落ち着いた気持ちになれるのは不思議です。

d0119256_20395812.jpg


この付近に行かれた方は、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

ほうじ茶シュークリームがおいしかったです。

他にもミックスジュースが人気の商品らしいですが、貧乏な私にはとてもじゃない

けど手のだせない金額だったので気になる方はこちらをどうぞ!!

JapaneseCafe 翠
↓こっちは兄が必死で更新してるCafeの新情報ブログです。
JapaneseCafe 翠ブログ 



Cafeをまわるたびにおもうのですが、一つ一つの個性があり楽しいですね。



ただあいまいなコンセプトだとなぜかぼやけてしまう。

お客様にどのようなことを感じていただきたいか、お客様にどのようなサービスをお店

としてしたいか、をしっかりもっていないお店でなければいけません。

そしてなにより、そのことをスタッフ全員が認識して動くことができなければ

いいCafeとはいえませんよね。

いつかCafeの設計をしたいと考えている私は、色んなお店を回るたびに

考えることがいっぱいです。

住宅でもそうですが、ただ建築をつくるだけが設計士の仕事ではありません。

建築をつくるために、どのような人がそこで働き、どのようなお客様に来ていただきたいか、

どのようなメニューをのせたいか、どのような空間にしたいか、

どのようなお店の人たちの動きがあるのかまでしっかり把握できていないといけないと思います。

以前の話になりますが、ある携わった物件がありました。

お金もかかっていますし、建物も大変気に入っていただけたのですが、

何ヶ月かして伺った時に、予想外な家具が一つ入っていたのです。

そのときは、家具の指定まで細かくすることができなかったため、カタログ、店舗

などみていただきこのような家具がマッチすることだけお伝えしていたのですが、

その一つのある家具がお家のイメージを一転させていたんです。

建物をつくるということは、最後まで責任を持ち、お客様に理解していただけるまで

建物意外のものもしっかりコーディネートしてこそだとその時身を持って知りました。


もしCafeを設計できるようにまで成長できたら、メニュー表、飾るインテリア

何から何まで口出しできるようしたいです。そのためにも沢山の知識を

いまの間に詰め込んで、たくさんのCafeをまわって体験しなければと

イサムノグチのAKARIの横で考えていたのでした。


応援クリック宜しくお願い致しますm(..)m→→にほんブログ村 住まいブログへ
[PR]

by pinkyarc | 2007-12-14 20:54 | カフェ・お食事処 | Comments(5)
2007年 12月 10日

大阪探索

d0119256_16144866.jpg

d0119256_1615512.jpg


この前、久しぶりに母親とぶらり大阪探索に行ってきました。

ぶらりという表現は適切ではなかったです。必死の大阪探索に行って来ました。

ウチの母親はまったくの方向音痴でして、しかも行きたい、行きたいといういうわりに

目的の場所も特になく、とりあえず大阪と言う場所に行きたいらしく、詳細を調べるのは

私の仕事になりました。

母がいわくですが、方向音痴のひとは鼻から道を調べる気がないそうです。

いつかたどり着くか、一緒にいる人が分かればそれでいいそうです。

だから、ポーっと人の顔をみてあの人誰かに似てる、芸能人か芸人に会いたいな~

花が綺麗!すっごい人!こんな季節は・・・・など独り言をいって余裕を見せて

いました。こちらはこちらで必死なんですが・・・・

結局コースとしては、新今宮(天王寺付近)の通天閣にのぼり、そこの上から通る

道をきめて、徒歩で、難波、道頓堀、をブラブラして、私が以前、

事務所の所長に教えて貰ったラーメン屋にいきたいと言い出したので、

連れて行き、yamagiwaに立ち寄り、兄が働いているCAFEに行き、

堂島ロールを買うというので堂島ホテルに行き、大阪駅までのコースになりました。

かなりの道のりを歩いたことには後から気づいたのですが、良い運動になりました。

何より、母は通天閣のビリケンさんを触れたことで相当満足しているようでした。

病気をかかえている母にとって幸せになれるというビリケンさんは何より心の

よりどころになったようです。

でも、今度は建築探訪で大阪にいきたいです。

ニュースでみたのですが、黒川さんの大阪府警本部新庁舎も完成したようなので。

[PR]

by pinkyarc | 2007-12-10 16:18 | 日常 | Comments(0)