建築つづり

pinkyarc.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2008年 10月 30日

バイエルからはじめよう

今日は自分の癖を直すための記事を書こうと思います。これをみて治せるように。

私の癖はすぐに、作曲から入ってしまうことです。もちろん、音楽にたとえた建築の話ですが、

オリジナリティーをいれなければならないと思いこんでしまっているようで、

独自の道をすぐに進んでしまいます。基礎もできていないのに、作曲から入ってどうする・・・

というのが悪い癖です。

大学や高専、大学院にいかれている方は学校にいる間に、巨匠達の建物を研究したり、

トレースしたり、どのような考え方をしているか読み取ったり、それについての論文を書いたり、

その建物が建てられた時の時代背景を知ったり、基礎をされているのだと思います。私の場合

二年間専門学校にいき、各教科をさらっと流し、卒業設計を一つして、工務店にはいったもので

すから、その基礎がぽっかり抜けているんです。もちろん巨匠の本などぐらいは読んでいましたが、

実際作品に向き合いだしたのは、工務店をやめてからなので、ほんのわずかの期間です。

またO型の大雑把な性格がゆえ、手を動かさず、大まかにみるだけでした。

ピアノで言えばバイエルをしてないのと一緒なんです。

そりゃうまくなりませんよね。いい建築も作れなくてあたりまえ。プランしてもうまくいかないのも

あたりまえ。でもそれを理解できず、悔しいという気持ちばかり先にでてしまっていました。

気持ちを切り替えて、遠回りはしてしまいましたが、今からバイエルをしていこうと思います。

巨匠のすばらしい建築を作品としてかいて、どのような仕上げになっているか、どのような気持ちで

つくったのか、なぜこれがいいと感じるのか、何度も何度も手を動かして、その風景とよさを

自分の頭に刷り込ましていこうと思います。

音楽家の人達だってバイエルからはじまり、巨匠の音楽を弾き、それから作曲へと移っていくんですから・・・

順番を踏まないとプロにはなれないということなんだと思います。

基礎ができればいつか必ず、いいプランが作れるようになると信じて頑張ろうと思います。

[PR]

by pinkyarc | 2008-10-30 21:59 | 建築 | Comments(2)
2008年 10月 22日

いろいろな悩み

にはそれぞれ悩みがある。

したいことがあるのに、それを実行できない悩み

自分のしたいことがわからない悩み

恋愛の悩み

職場関係の悩み・・・

この上記の悩みは今の自分には全くない。今の悩みはしたいことをしているのにも

かかわらず、それをレベルアップできない。言われていることを違う意味でとってしまい

間違ったことをしてしまう。25歳にもなってこんなに成長できていない自分が情けない悩み

です。

建築の巨匠達は自分でものごとを考え、分析し、新たなアイデアをうみ、練習に練習をかさね

すばらしい建築を生み出しています。そのためには小さいころからの努力とライバルに差を

つけるための数々の練習と、何事にも興味をもち最後まで調べあげることを常日頃から

してきたに違いありません。

それに対し、私のいままでの経験といえば普通の学生生活をおくり、したいことだけは決まっていた

のでそれができるであろう環境に進み、ライバルも特におらず争いごとをさけ、マイペースに

やってきました。人間ですので好き嫌いもあり、どうしても好きなほうばかりに目がいってしまい

かたよった考え方になり、視野はせばまる一方でした。

そして、最近一番ひどいのが、人に接する態度も注意はしていても

どこかおかしいようで、相手に失礼な態度をとっているようです。それが自分ですぐに認識できれ

ばいいのですが、それをきづけないところがかなり重症だと思います。


とにかく、この25年間してきたことを全て治さなければこの建築の仕事を一生続けることは

できないことがわかり、それを治せるのかどうかが今の私の悩みです。

仕事の内容や課題でミスをしても、挽回しようと前をむくことは一日すぎればできたのですが、

今回は自分の25年を治すという今までにないとてつもない壁にあたってしまいました。

そんなことしてると風邪気味になってしまい・・・・気持ちをしっかりもたないとだめですね。

皆さんも風邪にはお気をつけください。

[PR]

by pinkyarc | 2008-10-22 21:09 | 建築 | Comments(2)
2008年 10月 17日

ネガティブ思考を改善

深夜番組でかかってた曲

今の自分にぴったりで聴いてます。

壁にぶちあったたら聴いてみてください。

威風堂々という昔からある曲をアレンジしてるらしいです。



ちょっとは前向きになれますよ
[PR]

by pinkyarc | 2008-10-17 21:16 | 日常 | Comments(0)
2008年 10月 15日

バンッ

d0119256_21365549.jpg


この子に撃たれた気分です。何においても否定的な自分でちょっと嫌気がさしています。

いろんな景色をみるのにも建物をみるのにも、空間や使い方をみるのにも心のどこかで

長所を見たあと短所もみてしまう自分がいます。

これのここが良いと初めは思えるのですが、でも、この場合ならちょっと使いにくいとか、

この場合なら不便じゃないかとか・・・

どんどんプラス思考でいいところを発見できる性格になりたいです。

25年生きてきたシミはなかなか取れないのがつらいです。あ~またマイナス思考。


たぶん自分が自分のことを肯定できないまま歳をとってしまったからかな~と思います。

自分のいいところがみつけられないうちは、他のいいところを見つける目をもてないですね。

はやく改善しなければ

[PR]

by pinkyarc | 2008-10-15 21:45 | 建築 | Comments(0)
2008年 10月 11日

連戦連敗 ~安藤忠雄氏

d0119256_0194627.jpg


身近にありながらいままでなぜか読んでいなかったこの本を最近、読みました。

連戦連敗

今の私の状況です。安藤氏のいわれている世界のコンペとはかなり程遠い話ですが、

連戦連敗にはかわりありません。事務所内で。

自分のやることなすこと、考えていることすべてが連戦連敗なのです。

そんなときこの本が目にとまりました。この本は、安藤氏のコンペの記録が主に記されてい

ますが、他にもたくさん大切なことがかいてありました。

読み終えた感想として、今、建築の道を進もうとしてる大学生や、専門学校生、

高校生そんな進路の分岐点にたっている方々にぜひ読んでいただきたい一冊でした。

私も、この世界の門をたたくまえにこれを読んでおけばよかったです。

そうすれば、この世界の厳しさを早い段階で、抵抗なくイメージすることができたようにおもいます。

これを読んでいなかったので、別世界にとびこんだとき、

初めはとまどい、ここまでしなければならないのかという疑問と反発、

教えて貰っているにもかかわらず、失礼な態度をたくさんしてきたように思います。

覚えなければならない、興味を持たなければならない、

常にどのように感じたかを考えなければならない、すべてにおいて、建築と関連させて

日々の行動をとらなければならない、~しなければならないというところから始まってしまいました。

それを最近、やっと当たり前だと思えるようになってきたときにこの本をよんで

よかったです。

ここには、建築の世界のきびしさと、また、日常において遊んでいることのできない毎日が

まっているという厳しさと、プライベート全てを建築にささげる覚悟が必要なことなど、

厳しいことがたくさん書いてあります。

結局、本当の建築を職業にするということは、センスや、感性ももちろん大切ですが、

それ以前に粘り強さと根気とへこたれない信念が必要であるということでした。

あの巨匠の安藤忠雄氏でも連戦連敗をしていて、それでもコンペに挑戦しつづけています。

若いころにはプライベートに使うお金はなく、建築の本と旅の旅費だけにお金をつかっていたというのです。

しかも道を案内してくれる人もいなかったという厳しい状況の中、独学で手探りで建築をしてこられ、

いま世界の安藤忠雄氏になっていることがすごいと、すばらしい方だと改めておもいました。

私には、道案内をしてくださる方がおられるだけでも幸せなことだと、こんな小さなことで

連敗に負けてはいけないと思いました。

他にも、自分の足で歩き、行動し、実証したことだけが、今後の建築に生かされることもよくわかりました

連敗中ですが、これを読んで、少しパワーをもらえた気がしました。

[PR]

by pinkyarc | 2008-10-11 00:52 | 書物 | Comments(6)
2008年 10月 10日

こんな風景のある建築



いつか作りたいな~と思いました。

[PR]

by pinkyarc | 2008-10-10 17:36 | 建築探訪 | Comments(0)