建築つづり

pinkyarc.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2010年 05月 16日

原田の森ギャラリー

d0119256_1734974.jpg
不思議なもので、今まで見ていなかった村野建築に最近よく遭遇します。

こんなところに・・・というバッタリ出会った感じです。

建築をはじめて何年もたちますが、この時期にこの出会いをすると

いうことは何か意味があるような気がしています。

この方から、得なければならないことがあるような気がしてなりません。

上記写真は王子公園南にある、原田の森ギャラリーですが、

兵庫県にすんでいながら、こんなところにこんな有名建築があるとは知りませんでした。

安藤氏の兵庫県立美術館ができるまえはここが兵庫県立美術館だったとのことです。

構造としても見たことのない造りでした。

d0119256_17305595.jpg


しかも、ここは、基本設計が村野氏で実施設計は光安義光氏という兵庫県営繕課すなわち公務員の

方がされたとのこと。光安氏は兵庫県庁も設計されているとのことです。

光安氏は建築家とも言われており、大変兵庫県では有名な方のようです。

村野氏から不思議なつながりですが、光安氏のことを知りたくなりました。

とてもリズミカルな照明や階段もユニークです。
d0119256_17323928.jpg
d0119256_17325691.jpg


今までいかれてない方はぜひお近くにお越しの際は行ってみてください。

[PR]

by pinkyarc | 2010-05-16 17:34 | 建築探訪 | Comments(2)
2010年 05月 15日

最近つくづく思うこと

やっぱり、なんやかんや言っても私は建築がすきなんだな~とつくづく思います。

今まで、一人で建築探訪には行っていませんでしたが、今日ぽっかり時間が

あいたのでまた出歩いてしまいました。(近くの塩屋まで)

行くところはいくらでもあるけど、なんかもったいなく感じてしまって・・・

しかも今日は神戸まつりだったような・・・。

もちろん、たまには友達と会うのもいいとは思うけど、建築の何かをしているのが

一番落ち着ける時間だと最近実感してしまいます。

昔は、そんなこと思ってなかったんですけどね・・・・生活の中に建築を取り込めと

言われ拒絶したこともありました。若かったせいだと思いますが・・・

それだけ老けたのか、成長したのか、きわどいところです。

好きだけじゃなく、表現方法を身につけなければいけないんですけどね。

早く手に技をつけないと。この建物の作者のように絵を旨くかけないと。軒は低く。低く。

d0119256_18371916.jpg

[PR]

by pinkyarc | 2010-05-15 18:38 | 建築 | Comments(0)
2010年 05月 12日

無呼吸症候群

最近、少し気になっていることがあります。

建築とは関係ないですが・・睡眠時無呼吸症候群という病気

夜はどうもないのですが、朝も夕方からも強烈な睡魔が襲ってきます。

寝ても頭がすっきりした感じがありませんし、電車の中では立ったまま寝るのは

日常茶飯事になってきています。

一度、病院に行ってみるべきなんでしょうか???
[PR]

by pinkyarc | 2010-05-12 20:36 | | Comments(0)
2010年 05月 08日

村野藤吾という建築家

d0119256_8573583.jpg
この方も建築界では大変有名な方ですが、お恥ずかしい話、私はまだ

この方のことを詳しく存じ上げません。視野を広げるためにも

いつも見ている建築物から一度離れ探訪することになりました。

まず、この下の写真の仕上げ方ははじめてました。

d0119256_85856.jpg


この方、粘土を使ってプランニングされると聞いて驚きました。

そこからこのようなディテールが生まれるのですね。

d0119256_8591845.jpg


この建物だけを見ると異国に来たような気分になりました。


もしこの建物が木の殿堂のような、その建物に行くだけの山道を

のぼり、開けた場所にあったなら、全く違った建物になって

いたんだろうな感じ、周りの景色の重要性がどんなに高いものか

をより考えさせられる探訪でした。

建物メインで外構はあまりという住宅をよく目にしますが、住宅も同じで

外構と建物のつながりを大切にしたいものです。

この建物を見にいこうとおもったのも、HPで見た時、一瞬、コルビュジェの

ロンシャンの境界が頭をよぎったからなんですけど、見に来て本当に勉強になりました。

これから村野藤吾氏をじっくり時間をかけて研究していきたいと思います。

d0119256_8594955.jpg

[PR]

by pinkyarc | 2010-05-08 09:01 | 建築探訪 | Comments(0)
2010年 05月 05日

木の殿堂

d0119256_15545321.jpg

前回の記事の場所は兵庫県北部に位置する木の殿堂です。

以前から地図で調べてはいたのですが、どうも電車と徒歩ではいけないような気がして

探訪を延期にしていた場所です。安藤忠雄氏の作品で木構造ということだったのですが、

実際行ってみるとやはりRCもわすれてはいませんでした。

ところどころに散りばめられています。

d0119256_1555933.jpg


しかし雪のふる地方ですので、メンテナンスが大変なようで、補修箇所もたくさんありました。

d0119256_15552596.jpg


この自然の中に急に現れる殿堂は今までにない建築のようにかんじられます。

ここは雑誌、写真ではなく、実際に見に行かれることをおすすめします。

下道から、この建物へと通じる山道、急カーブ、急勾配をどんどんのぼって、その頂上にやっと

建物を発見したからこそ感じられる感覚があります。

周りの景色、その建物へのルートはどの建物にとっても重要で、その建物の価値を

上げることも下げることもできることを勉強できました。
d0119256_1681183.jpg

[PR]

by pinkyarc | 2010-05-05 16:08 | 建築探訪 | Comments(0)
2010年 05月 03日

周りの景色の重要さ


d0119256_20455656.jpg

さあ、ここはどこでしょう?
兵庫県の北西に位置します。

吸い込まれた気分になります。

周りの景色が最高です。

でもコンクリートも忘れません。

ここのためだけに道が4キロ開かれたといってもいいと思います。

建築ツウの方ならすぐにわかるかもしれません。


今日はここまで行ってきました。

他に3件建築物をみてきました。

さすがに一人で(レンタカーではなかったので保険の関係で)往復200キロの運転は厳しかったです。

お疲れモードですので、また後日詳しく必ず書きます。


すみません。おやすみなさい・・・・

殿堂が夢にでてきそうです。


d0119256_20423417.jpg

[PR]

by pinkyarc | 2010-05-03 20:48 | 建築探訪 | Comments(0)
2010年 05月 01日

選手交代

d0119256_2154530.jpg

突然携帯のボタンがまったく効かなくなったことありますか?

落とした衝撃でもなく、アラームをとめた後、電源を入れるボタン

以外のボタンがすべて効かなくなりました。

携帯電話がないとこんなに不便なのかと久しぶりに実感・・・

Ipodも持っていなかった私ですが、他の機種よりすこし安いということで

I phone変えてみました。

その壊れた携帯電話は未だにボタンが押せません。

諦めきれず一日一回充電をしては押してみるのですが、もう故障は確定のようです。

修理に出すと18000円といわれたので機種変更したのですが、結構使いやすくて

愛着もあったので残念です。

なんせボタンがおせないので、電話帳などもメールや写真も2年間分すべて

見れなくなってしまいました。

バックアップって重要ですね。みなさんもお気をつけください

[PR]

by pinkyarc | 2010-05-01 21:55 | 日常 | Comments(0)