<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 28日

Renzo Piano・・・・・(position)


関西国際空港旅客ターミナルビル
d0119256_19312260.jpg


地震力と風圧、一番考慮すべき事項。
構造工学的見地の話しです。
感受する曖昧模糊な物。
これは、心の話しになります。
社会。
私達が属する世界です。
建築を創る時、これらの狭間を行き来します。

Renzo Piano:レンゾ ピアノは1937年生まれイタリアの建築家です。
日本での作品は
関西国際空港旅客ターミナルビル (1988年-1994年)
ハイヤ大橋          (熊本県、1989年-1996年)
メゾン・エルメス        (東京都、1998年-2001年)

直接見たのは、
関西国際空港、メゾン・エルメス、パリのポンピドゥーセンター

d0119256_19313596.jpg

ポンピドゥーセンター


d0119256_19315081.png

メゾン・エルメス(3年前の写真)

彼の作品は、軽やかさとコミカルでユニークな印象です。

古典的な(~およそ1850年)建築物から、
d0119256_1932356.jpg



近代的な建造物(エッフェル塔1889年)に、
d0119256_19323770.jpg



そして、
近代的な建築物(スイス学生会館 ル=コルビジェ※1 1932年)が登場。
(※1・・・近代建築3大巨匠の一人)

d0119256_1934953.jpg


注)この頃、ヴェルター グロピウス※2が「国際建築様式」と名付け、
垂直・水平、フラッシュサーフェイスな壁面、陸屋根、白っぽい彩色、
を特徴とする、世界共通様式なる考えを示しました。
今もなお、バウハウスデザインは自動車、生活必需品において
息づいています。
(※2・・・バウハウス校舎設計・バウハウス初代校長)

さらに、
高層ビル
d0119256_19344728.png



そして、
今式の建築物(MIKIMOTO Ginza2 伊東豊雄2005年)
d0119256_19342539.png


コンピューターによる構造解析のなせる技です。
150年ほどの間に、社会の様変わりと共に、
建築は大変貌を遂げました。

さて、関西国際空港旅客ターミナルビル。
Renzo Pianoの建築に触れると、人のために技術があることを
教えてくれます。
写真から見えてくるように、設計・施工上もハイテクであるにも関わらず、
主張してくるものは、ナチュラさやソフトさ。
これ見よがしな押し付けがましさはありせん。


d0119256_1935026.jpg
d0119256_19352786.jpg
d0119256_19353562.jpg

d0119256_19354861.jpg


天井の間接照明の表情が絶妙です
d0119256_19361791.jpg
d0119256_19362930.jpg
d0119256_19411777.jpg

トラスの支点接合部
d0119256_19364848.jpg
d0119256_19365635.jpg


支点の脚部
d0119256_1937364.jpg


ガラスのカーテンウォール
方立(マリオン)が美しい弓形のトラス形状になっています
d0119256_19371216.jpg
d0119256_19372299.jpg
屋根のスカイラインの曲線が、旅立つ気分を盛り上がらせます
d0119256_19373094.jpg
彼の建築は、古典建築や長く続いた近代建築からの呪縛から
解き放たれたもののように感じます。

多くの古典建築・近代建築を模写・分析してみると、
近代建築さえも、古典建築のボキャボラリーの良き面を継承しています。
しかし、そのこと自体に苦悩する建築家が迷走することも多く、
建築の理念は行き場を失ったかのような時代に、
彗星のごとく出現したのが、Renzo Pianoです。

建築における仕事での立ち位置を考える時、
私は、関空に行きます。
凝り固まった思考をほぐすためです。

模倣
破壊
創造

私の繰り返し唱える言葉です。

久しぶりに関空に行き、
フランスへの「想像」をした、私の頭の中の映像です。
d0119256_19374048.jpg
d0119256_19374985.jpg
d0119256_1938047.jpg
d0119256_1938859.jpg
d0119256_19381974.jpg


次回はドイツにも行く予定をしていますが、
行ったことないので、映像が浮かびませんでした・・・・・・・。
[PR]

by pinkyarc | 2012-11-28 20:34 | 建築
2012年 11月 19日

Tetsujin28-go (ironman28)・・・ great undertaking


3年前の今頃、鉄人28号モニュメント(高さ15.6m長さ18m重量50t・工期約3ヶ月)が、神戸の新長田駅前に完成しました。

d0119256_19255127.jpg

「鉄人28号」は、神戸出身の漫画家故横山光輝先生の作品である漫画です。私達世代にはあまりなじみはありません。


魔法使いサリー

コメットさん   

仮面の忍者赤影

ジャイアントロボ

バビル2世    

三国志      


と多くの素晴らしい作品を残されました。その偉業をたたえ、出身の神戸の地に「KOBE鉄人PROJECT」を。

そして、その一環としてのモニュメントが、この、「鉄人28号モニュメント」です。

d0119256_1928387.jpg
d0119256_1929213.jpg

d0119256_19293355.jpg
d0119256_19295131.jpg

d0119256_19311071.jpg


理屈ぬきでアニメの世界とリアルな世界のフュージョンを感じることができます。


とにかく、


でかいです!


そして、こんなのも、


また、


でかい

d0119256_19324743.jpg

d0119256_19325496.jpg


約3年間、JRから見える巨大な後ろ姿を見続け、ようやく彼の足もとに歩み寄ることが出来ました。

今まで漫画家故横山光輝先生を知らず「鉄人28号モニュメント」を見た後、足跡を追ってみました。

「三国志」の製作に費やした期間が、15年間。私の半生にあたります。本当に偉業だと思います。

当初、作品に着手した時15年という歳月を予測されていたかは、知る由もないですが、私なら、15

年間で作品を創るという課題を課すこと自体を想像すらしないし、例え構想を思いついても、自らに

このような厳しい状況を作り出すことは困難です。が

「 pinkyarc もやってみたら!」

天使(悪魔?)のささやきが?

「やってみるわ!」

即答。

そして、このことを「鉄人28号」の後姿を見るたび思い出すことでしょう。

天使(悪魔?)曰く

(思い出すだけじゃあかんで!実行せな!)
[PR]

by pinkyarc | 2012-11-19 19:49 | 日常
2012年 11月 13日

fall

d0119256_19445121.jpg

秋の田のかりほの庵の苫をあらみわが衣手は露に濡れつつ・・・・・・・


秋ももう終わりもう冬ですね。


秋になると、暗記した百人一首の一番を思い出します。


d0119256_19473272.jpg


感傷的になる季節です。一応、乙女ですから。


紅葉に色づく木々たちが、雄弁に季節の変わり目を知らせてくれます。


d0119256_1947012.jpg


何故、心が動くのか不思議です。


d0119256_19462996.jpg


こんな時は、George Winston  「 AUTUMN  」


d0119256_194549.jpg

[PR]

by pinkyarc | 2012-11-13 20:09 | 日常
2012年 11月 05日

御多福珈琲

d0119256_2263167.jpg

「カフェに行きたいな~」


甘えた声で母がいいます。


「・ ・ ・」


そう、私は母のエスコート役、彼氏役なのです。


「カフェに行きたいな~」


友人も、事務所の所長も。


何時も私はエスコート役なんです。


母、友達、所長いわく


「方向音痴だからな~」


嘘ばっかり!ただ、面倒なだけなんでしょ!と心の中で叫ぶのですが、


お店探しを人に任せておけない私の性分を見抜かれているかも?実は


「隠れ家」 探しが大好きなんです。そんな私の探し当てた、好みのお店


を一軒ご紹介したいと思います。見るからに福を呼びそうなお店の名前

d0119256_227280.jpg

ソースのようでもある

d0119256_228292.jpg

細くて急な階段を期待に胸ふくらませながら降りていくと

d0119256_22921100.jpg

正統的喫茶店の登場!

近頃のコンテンポラリーなカフェや、トラディッショナルな

異国情緒あふれる喫茶店とは、異にする、まさに日本の

喫茶店の王道をいく風情である。


d0119256_2212309.jpg

もみあげルパンの登場(マスター)

d0119256_2213363.jpg

母が「ルパンだ!」と言ったかどうだか定かではありませんが、
物珍しそうに眺めています。

d0119256_22132264.jpg

「 外は寒かったでしょう 」 と愛想よく話しかけてくれたので、


母(話好き)はすぐに話のキャッチボールを始めてしまいました。


他のお客さんもルパンとのお話を楽しんでいます。お話によると、


再訪する方が多いみたいです。


サイフォンで淹れるコーヒーの味も


マスターの味も


お店の味も・・


大変よく、私、母共々幸せな時間を過ごすことができました。



[PR]

by pinkyarc | 2012-11-05 22:44 | カフェ・お食事処
2012年 11月 02日

可愛いベンチ

所用で阪神電車西元町駅で電車を降りると、

d0119256_19534790.jpg


可愛らしいベンチを発見。


ビルの地下の構造体が丸出し構内の中に、ポップな色目がとても良い


感じです。左端のイエローの椅子がなければ色目のバランスも良かっ


たのでは??と思いつつも、多くの人が座ることができればいいので、


4つある方が良いんですね。


一つだけ離れているイエロー君が少し寂しそうです。


完璧にデザインされた空間もいいですが、無機的でありのままのビル


の骨組みの中に暖かい色目のタイルを貼って、少し壁のお化粧をして、


ここに似合うベンチがないかな?とカタログとにらめっこしながらチョイス


(想像)した可愛いベンチが、ゆるーい感じを与えてくれて、ほのぼの・・

[PR]

by pinkyarc | 2012-11-02 20:27 | 建築