<   2012年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2012年 12月 27日

これからも、よろしくお願いします。

d0119256_20463351.jpg

(私の生まれ育った明石の江井ヶ島海岸)

HP作成 (8割済)
管理建築士の考査 (済)
事務所登録 (来年2月に登録)
独り立ちの為の心の準備 (2割済)
Officeの準備      (9割済)
・・・・・等々

建築士事務所開設の為の準備を急ピッチに進めています。
とうとう一人で事務所をやっていく決断をし、ただ今準備中。

私は、来年3月に30歳になります。
独立は、30歳までにと、建築の仕事を始めた頃、
漠然と思ってはいました。
事務所をやっていくことに特別な感慨があるわけではありません。
今までと同じ通り、やるべきことを今やる。
それだけです。

異なる点は、すべてを自分が判断・決済していくことと
自分自身が矢面に立つことかなと。
現場は、ほとんどが男性です。
恐いおじさんも一杯います。
気をひきしめないといけません。

いざ、一人でやっていくとなると不安があるのも事実。
しかし、その時期がやってきて、自分の足で歩かねばと、
気持ちを奮い立たせる毎日が続いております。
平常心、平常心と言い聞かせています。

思い起こせば約6年前、今の所長に師事。
所長から浴びせかけられる言葉の弾丸、いや、シャワーか?
口下手な私はそれに反論できず、
また、頭の中、心の中にあるものを、
形(建築)で表現できず、
女の子特有の、悔し泣きの場面、数知れず。
よく事務所を飛び出し、
公園を徘徊し気を静めておりました。
(私だけかなと思っていたのですが、
伊東豊雄氏に師事した妹島和世※1さんも
よく泣いていたそうです。伊東豊雄氏談)

そうそう、こんなこともありました。

遠方に車で打ち合わせにいく道中、
中国縦貫のサービスエリアで、
聞き分けのない私を放り出し、
本線に車と共に消えていった所長。
そして、
山をとぼとぼ歩いて下り、電車を乗り継ぎ目的地に向かう私。

そうして、心も体も強くなった私が今ここにいます。
無論、仕事が私を鍛えてくれたことはいうまでもありません。

仕事・勉強をすればするほど、建築を創るための自分磨きのゴールが、
遠いところに離れていきます。
するべきこと、やるべきことの量と質が、
具体的に目に見えてくるからだと思います。
そして、面白さもより一層増してきました。
しかし、
どんどんそれが遠くに見えてくることに、
つまづき、苦しむであろう姿も一層鮮明になっていくわけです。
だけど、「壁」と仲良く上手に付き合い楽しもうと思います。

さて、私がこれからする仕事は、

●以下の建築意匠設計(これから受注しなくてはなりませんが)
木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造の、
住宅
事務所
店舗
マンション


●年2回の競技設計への応募、作品の提出

●クライアント・建築初学者に対し、無償での有益な情報発信

の、3本柱とします。
(※営業しているのではありませんので!)

そして、忘れてはならないのは、「建築つづり」の更新。

このブログを始めた頃、仕事のイロハも分からず、
ブログで愚痴ってばかり。
たくさんの方のコメントに勇気をもらって、
仕事もブログも続けてくることができました。
今は、愚痴ることもなくなってきましたが、
少し更新の頻度が少なくなってきてしまい、
反省です。

あくまで「建築つづり」は、
私のプライベートな日記なので、
今のスタイルのまま、
更新していきたいと思います。

改めて、これからも「建築つづり」を宜しくお願いいたします。

今年も残すところ、もうわずかですが、
皆様、よいお年をお過ごしください。
そして、
来年もよろしくお願い申し上げます。

d0119256_21561330.jpg

(所長と21世紀美術館)

追伸
所長様(所長はこのブログの存在を知りませんが)
独立への背中を押していただき、
感謝するとともに、
これからも、
良きアドバイスお願いします!
忙しくなった時は手伝ってくださいネ!!!!!

※1 日本を代表する国際的女性建築家。
金沢の21世紀美術館、犬島の「家プロジェクト」等
[PR]

by pinkyarc | 2012-12-27 22:03 | 建築
2012年 12月 13日

Theater

「ぼくに炎の戦車を」

d0119256_2355267.png

注記)パンフレットからの転写です。

作・演出:鄭義信
出演:草なぎ剛、チャ・スンウォン、広末涼子、香川照之、他
場所:梅田芸術劇場メインホール(1,905席)

初観劇体験。
観ているほうが緊張してしまいます。

ピーンと張りつめた緊張感。
ほとばしる俳優達の感情。
思わず息を呑む各シーン。
迫真の演技。
サムノリ、皿回し、男寺堂の芸の見事なパフォーマンス。

あっという間の感動の4時間でした。

建築の仕事で瞬間芸術という場面はないのですが、
仕事全般を芸能に例えるなら、映画の製作に近いのかもしれません。

唯一近いのは、
お客様へ向けたプレゼンテーションがそれなのかもしれません。

少ない言葉と、プロジェクトを要約した図面や模型で、
最大限の意図とイメージを適格に伝える。

用意した物が同じでも、
その場所の雰囲気、温度、湿度、インテリア、服装で
違ったものになってしまいます。

さらに、聴く側のコンディションやその時の表情で、
話す言葉のイントネーション、
話し方の緩急・間合い、
内容を膨らませたり、削いだり、
その場で自分自身が演出をし、
自分が演技者にならねばなりません。

今回観た演劇のように、
聴く側、見る側が、
感動をするような、プレゼンテーションを目指さねば・・・・。

実際は、
話す内容がくどすぎたり、足りなかったりと、
ひどい時は、
居眠りの誘発プレゼンテーションになってしまうこともしばしば。

もちろん、創る内容が感動してもらえる物であることが大前提です。


話を元に戻して。

特に、香川照之さんのつばを飛ばしながらのセリフ
すご過ぎです。鳥肌ものです。
そして、
大好きな、草なぎ君!
ドラマ・映画でも彼の演技に引き込まれますが、生の演技は最高でした!
(何を隠そう、草なぎ剛さんの大ファンなんです!!!)

素敵な公演、

ありがとうございました~~!!!!
[PR]

by pinkyarc | 2012-12-13 23:15 | 日常