「ほっ」と。キャンペーン
2012年 10月 10日

白と黒のコントラスト

d0119256_0312893.jpg
白と黒のコントラストというキーワードに触発されて( kkai0318さんのコメント文中の言葉)

スケッチをしてみました。

どんな物でも、どんな事でも設計士たるもの、描けるにこしたことないとスケッチの練習

を筋トレのごとく欠かさないようにしているのですが、何年やっても難しいものだと思って

しまいます。

うまく言えないのですが、スケッチで時空間の空気感を表現できればといつも心がけています。


頭で考えた過去と未来の映像をその瞬間の一枚の絵で感じてもらえればという想いで、お客様には

手書きパースを必ず用意しています。

(過去、私が今の所長に出会い所長の描いたパースをみて弟子入りを懇願した経緯もある為

私にとっても手書きパースは特別なものなのです。)

建築パースには無個性な人物を点景として描くのが常套手段ではあるのですが、空間を表現する際

過去と未来の空間を連想させる主役としての存在は人間だと思っています。

映画や小説のワンシーンのような人間の喜怒哀楽が建築にどう作用するかがいつもパースの主眼になります。

描いたパースが絵物語のように人に多くのことを語りかけてくれることを信じて・・・

そのようなパースを上達させるためには、色々な人に興味を持ち、人の良いところを

いっぱい見つけていかないといけないなぁと思っている次第です。

スケッチに話を戻して、写真はテーマの白と黒のコントラストでの10分スケッチです。

コピー用紙と鉛筆2本で作成。ネット上での写真でスケッチしてみました。

スケッチは一生練習が必要のようです。まだまだ下手くそですが・・・日々精進の気持ちをこめて

みなさんにいただいたコメントがとても励みになっています。

そして、ちょっと真面目な記事になりました。


[PR]

# by pinkyarc | 2012-10-10 00:32 | art | Comments(2)
2012年 10月 08日

犬島アートプロジェクト 【家プロジェクト】

d0119256_2128485.jpg

朝3時半起きで車を飛ばして犬島へ。日帰りの旅です。

宝殿港から出航。なんとか8時の便に間に合いました。

d0119256_2244866.jpg


開館時間まで余裕があったので、島をぶらぶら。

d0119256_2136142.jpg


さりげなく空き地に設置されているチェアーに遭遇

d0119256_2138950.jpg


1時間半もあれば島を一周できるぐらいです。
島端にキャンプ場や海水浴場もあるのですが、そこまでの道のりも自然に触れ
懐かしさも感じ、空気もきれいで、歩いていて気持ちよかったです。
アートプロジェクトを目当てで来られた方も、いい運動になるので歩かれてみては・・・?




その後、この島の二大アートプロジェクト 

一つ目の「家プロジェクト」を回りました。

d0119256_2142947.jpg

S邸 「蜘蛛の網の庭」
d0119256_2143061.jpg

                                                                                             「休憩所」
d0119256_2143131.jpg

 I邸 「眼のある花畑」
d0119256_21424569.jpg

                                                                      F邸 「山の神と電飾ヒノマルと両翼の鏡の坪庭」

家プロジェクトのコンセプトは「空家になった民家の空間と時間、記憶、生活を包括」

?????正直私には、このコンセプトと作品のつながりがわかりにくかったです。

しかし、このプロジェクトがあることによって、島が活性化され、島の人たちと来客者が

コミュニケーションをとれるという趣旨に関しては賛同できます。


でもでも、やっぱり目が行くのは自然の造形美

d0119256_22141146.jpg


d0119256_22225910.jpg



このプロジェクトをきっかけに犬島の美しさ、力強さに触れることができてよかったと思います。

もう一つのプロジェクト精錬所は色々な感想や思いが交錯している為、もう少し確認作業を行ってから

投稿します。


乗船前に大好きなペプシネックスを飲んでいたおかげで、

d0119256_2314625.png

(青空の下でのコーラは格別です。喧嘩打ってるわけではありません。不意打ちです。)

帰りの二時間半通し運転もなんとか乗り切り無事帰宅・・・


直島、犬島と廻り、残すは豊島。 いつ行くことになるかは未定です。
[PR]

# by pinkyarc | 2012-10-08 22:33 | 建築探訪 | Comments(12)
2012年 10月 05日

オザンファンのアトリエ

d0119256_028378.jpg

先日ご紹介したモンスーリ公園に隣接している、

ル・コルビュジェ設計のオザンファンのアトリエも見てきました。

建物が主調していなかった為か、地図を見ながら少し迷っていると

おしゃれなオジサマが 「コルビュジェだよね??日本からきたの?」

というようなことを話しかけられたように記憶しています。

フランスでコルビュジェの建物を見に行くと、8割の確率で建物にたどり着くまでに

フランスの方が声をかけてくれます。道を教えてもくれます。

その優しさを感じると同時にフランスの方にとってコルビュジェは

誇りなんだろうなと思ったりしています。

元々コルビュジェの建物が好きで設計の仕事を志した私です。

コルビュジェは大きな建物から小さな建物まで

どのような規模においても美しい設計をするところが好きな理由の一つです。

有名なロンシャンの教会や、サヴォア邸で存在感を表しながらも、

このようなアトリエ規模では、街にひっそり溶け込んだ建築をつくるところもいいですね。

d0119256_0284674.jpg


街路樹がガラスに映っているところも美しかったです。

d0119256_0285410.jpg


横に回ると、階段の曲線をさりげなく取り入れているところも美しかったです。

d0119256_02949.jpg


そして、建物と樹木と人と動物が協調しているこの街がとても美しかったです。

[PR]

# by pinkyarc | 2012-10-05 01:03 | フランス | Comments(6)
2012年 10月 03日

フランスの鴨

鴨を飼ってみようと思われている方結構多いようですね。

検索キーワードによると上位にあることが多いので久しぶりに鴨ブログを投稿してみようと思います。

こちら、フランスの鴨です。

d0119256_23334771.jpg


フランスでコルビュジェの建物をみるツアーを計画し、スイス館・ブラジル館を訪れた時のものです。

パリ(14区)国際大学都市の近くにモンスーリ公園という場所があります。

広々とした、優雅な公園でした。普通に鳥たちが人間と並んで歩いています。

ちょっと日本の鴨より色が少し薄いようです。顔付も若干ですが違うような気がします。

食べてるものが違うんでしょうか?

d0119256_23341121.jpg


でも、世界共通で親鴨は子鴨の面倒をしっかりみていました。

やっぱり鴨といえばこの絵図が一番ですね。

d0119256_23294793.jpg


鴨の記事を書いたり、鴨の話をした日の夜の夢には、昔飼っていた合鴨のルックが

なんらかの形で登場してきます。

もう、いなくなって8年経ちますがなかなか忘れられないものですね。


そうそう、こんな鳥もいました。鴨ではないですが、近寄ってきたので記念に。

すっごい変な鳴き声をあびせながらついてきました。いまだに鳥の種類はわかりません。

d0119256_23253126.jpg


昔の私のような内股姿です。

[PR]

# by pinkyarc | 2012-10-03 23:35 | カモ | Comments(2)
2012年 09月 30日

ラ・ロッシュ=ジャンヌレ邸のここって・・・

d0119256_23183565.jpg
昨年フランスに行ったときに、再びラ・ロッシュ=ジャンヌレ邸を訪れました。

一回目に訪れた時は、コルビュジェの作品の中に自分が

いる充実感や、かっこいい、きれい、というありふれた思いだけをもって帰ってきたのです。

しかし、今回はゆっくり時間をかけて隅々まで見せていただきました。

外にでて帰ろうとしたときにふと、視界に入ってきたこの場所。

d0119256_23205714.jpg


どこかで見たことのある比率?どこかでみた懐かしく親しみのある壁面?

あまりここの写真を撮っている人がいなかったので、パチリと移してきました。

建築している人は、みんな同じことを思ったのではないでしょうか??

d0119256_23234493.jpg


ここってあそこを連想させますよね?

そう感じるのは私だけでしょうか・・・・

[PR]

# by pinkyarc | 2012-09-30 23:26 | フランス | Comments(4)